鼻吸器 鼻水

慢性副鼻腔炎と診断されたので電動吸引機を買ったら大正解 後編

更新日:

前編では購入までの経緯を書いたので、今回は実際の使用感を書きます。詳しい使用方法などはアスピレーターM20使用方法を参照ください。

とりあえず使ってみよう

実物が届いて思ったのは想像以上の大きさ。これは吸引力とのトレードオフだと思うので今回はささいな問題です。実際すぐ慣れました。組み立てはチューブとオリーブ管という鼻に挿す部分を本体・ボトル(鼻水が溜まる部分)に挿すだけ。後は電源ONで用意完了。吸取口を指で塞いで圧力計が動く事を確認したらいざ子供の鼻にぷすっと。。。

出るわ出るわ。あまりいい音とはいえない音を響かせて後から後から緑色のねばっとした鼻水が大量に出てきました。子供の小さい顔のどこにこんなに収納されてるんだという位回収して1回目終了。あんまりな見た目なんで写真を掲載出来ないのが残念ですが、大人が鼻をかんだ時の10倍以上出ています。数時間して再度チャレンジしたらまた同量回収。ん?まだ鼻の中に隠れてた?この短時間で再生産された?まあ出ないより出た方がいいだろうとこのあと数日同じことを繰り返します。だいたい朝食後・学校帰り・風呂上りの3回やってました。特に朝食後と風呂上りは鼻水が出やすかったです。風呂上りはわかるのですが、朝起きた時はほとんど吸えないのに朝食後(10分後)に吸うとドバドバ出るんです。不思議なもんですね。

3-4日経つと変化が現れます。確実に吸い取る量が減ったのです。おお!ついに生産量を上回ったか!と喜んだのですが、ここで新たな壁にあたります。吸い始めてすぐに鼻の粘膜にオリーブ管が吸い付いてしまうのです。今までは鼻水をしばらく吸いとった後に発生していたこの現象が鼻水が減ったために開始数秒で始まりました。うーん。しばらくオリーブ管を鼻にさす角度を変えてぐりぐりやりますがうまく行く時と行かない時がありすっきりしません。真顔で付き合ってくれる子供にも申し訳ない気持ちになります。

そこで付属していたサーレという鼻洗浄用食塩水を試してみたところ、速攻鼻貫通!初めて圧力0(鼻が通った)が観測されました。これ以降吸ってみてつまったらサーレを繰り返したところ、1週間でサーレなしでも貫通するようになり、2週間もするころにはしっかり鼻呼吸している事が確認されました!その頃になると一日2回、朝晩の吸引だけでも十分になり鼻水も透明で粘り気の少ないものになってきました。 上の子は3週間位で鼻水が出なくなり吸引終了。下の子は鼻水が枯れるまではいきませんが、2日に1回位軽く取れば鼻が通るまでになりました上の子に遅れる事2週間位で鼻水枯れました!。サーレの使い方はちょっと難しいです。上の子で試行錯誤する姿を見た下の子には拒否されてしまいました。。。

検証結果

さて実際に悩みが解消したのか検証してみます。購入前に懸念だったのは下記7点。

  1. 鼻づまりは解消するのか
  2. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)は治るのか
  3. 夜寝れるようになるのか
  4. 通院回数は減るのか
  5. 投薬の手間・困難は解消するか
  6. 吸引力は十分か、口で吸うのとどれくらい違うのか
  7. 鼻水から菌がうつらないか

1. 鼻づまりは解消するのか
完全にはなくなりませんでしたが少なくとも吸引時は鼻が通る事が多いです。上の子は鼻をすする事が無くなりました。いつも鼻を手やすそで拭く癖がなくなりました。下の子は保育園帰りの鼻水の跡が激減しています。鼻づまりが解消したのもうれしいのですが、子供に「鼻をすすらない!」と注意してへそを曲げられる事が無くなったのも助かっています。
==>その後数か月経過しましたが、鼻水が出た時にすぐ吸引すれば数日で完全に鼻づまり解消するようになりました!

2.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)は治るのか
間違いなく改善しました。上の子は鼻水が出なくなりました。たまに鼻をすすりますが吸引してみると大きな鼻くそが出てきます。鼻水が減ったからだと思います。下の子は粘性の強い緑色の鼻水がさらっとした透明に近い緑になりました。
==>治りました!

3.夜寝れるようになるのか
口呼吸から鼻呼吸になり、夜中に起きる事が無くなりいびきも解消しました。良く寝すぎて朝起きられなくなったは誤算です。

4.通院回数は減るのか
使用開始した翌日には次の耳鼻科の予約をキャンセルしました。それくらい改善しました。少なくとも鼻づまり解消目的で耳鼻科に行く事は今後ないと思います。

5.投薬の手間・困難は解消するか
実はこれが一番効果ありました。とにかく薬を嫌がっていた子供達がすすんで吸引してくれるのですごい楽です。今まで無理やり飲ませていたのは何だったのかと思います。子供も鼻が通って楽になりたいんですよね。代わりに毎回洗浄する手間が発生しましたが、慣れるとすぐに終わるので無理やり薬飲ませる労力に比べればないに等しい手間です。一時期毎日3回やっていた洗浄作業が今はほとんどなくなって若干寂しいです。

6.吸引力は十分か、口で吸うのとどれくらい違うのか
しっかり吸えます。吸引力が強いので慣れないと鼻の粘膜に吸い付いてしまいます。鼻水が少なくなった頃は粘膜を強く吸いすぎて鼻血が出てしまったこともあります。これは説明書通り5秒づつ左右交互に吸えば回避出来ました。気持ちよく吸引出来ている時と逆になかなか吸い出せない時はついつい吸いすぎてしまうんですよね。。。気になる人は吸引力調節ダイヤルもついていますし、乳幼児用に極小オリーブ管も用意されています(購入時に選択か追加で購入)ので色々と試しているうちにいい方法が見つかると思います。
吸引力については M20は70KPa以上出ます。人の吸引力はこのサイトを見る限り、約40~50KPaと思われます。しかも渾身の力を入れてでしょうから実際はその数字は出ないと思います。私も何度か口で吸うタイプで挑戦してみましたがろくに吸えなかったことを考えると30KPa出ているかも怪しいです。ひどい時は延々と鼻水が出てくるので、安定して何度でも吸える電動をお勧めします。

7.鼻水から菌がうつらないか
口で吸わないので大丈夫だと思います。ボトルにたまっているのは最後に洗浄に使用した水がほとんどなので、洗う時にさらっと流れて鼻水はボトルにこびりつきません。毎日何回も洗浄しましたが今のところ健康に過ごせてます。子供の調子が良くなってきたので逆に病気がうつる確率が下がったと思います。

結論

慢性副鼻腔炎は体質的な所が大きいと聞いたので、吸っていればそのうち完治、、、とはいかないと思いますが続けていれば大なり小なり吸引頻度は減っていくと思います。うちでは上の子が数か月に一度の頻度で1-2日間の使用、下の子はほぼ使わなくなりました。
私が購入したお店では3年保証だった事もあり、車に乗せて一泊旅行に持参しました。旅先でも使えるのはうれしかったです。さすがにかさばりましたが笑。こんなことなら赤ちゃんの時から買っておけばよかったと思います。鼻すすりで子供と喧嘩をしないで済んだし、中耳炎の回数ももっと少なく済んだかもしれません。病院に通った日々の手間・お金、何より夜寝れないでいびきかきながら寝返りばかりしている子供を見なくてよかった。
3年後壊れてもまた買います。

アスピレーターM20使用方法へ続く

-鼻吸器, 鼻水
-, ,

Copyright© 悩んで悩んで衝動買い , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.